東府やヒストリー

吉奈溫泉

子寶の湯、吉奈溫泉の由來

奈良時代の高僧「行基」によって発見された伊豆最古の溫泉。
奈良時代の末より、子寶の霊湯として親しまれてきました。

江戸時代、徳川家康公の側室「お萬の方」様が入湯され、後の紀州大納言頼宜と、水戸中納言頼房のお二人を授かりました。
以來、広く子寶の霊湯として知られ、多くの方が子寶祈願に訪れます。

子持ち地蔵

子持ち地蔵

~子供ほしけりゃ、
 吉奈においで
 お湯の力で子ができる~

俗謡になる程に、古より多くの方が子寶祈願に訪れています。
お子様に恵まれますように、と「子持ち地蔵」に願をかけます。

腰掛石

お萬の方物語

「お萬の方」は、徳川家康から寵愛を受けた側室の一人です。

家康の子を切願したお萬の方はたびたび吉奈溫泉の名主邸(現在の「東府やResort&Spa-Izu」)を訪れて溫泉に浸かり、子寶授産の霊場「善名寺」で祈禱をし、のちに紀州頼宣公、水戸頼房公となる二人の男子を授かりました。
以來、吉奈溫泉は子寶の湯として広く世間に知られるようになりました。

その當時、お萬の方が腰掛けた「お萬の腰掛け石」は今もなお、東府やの玄関棟庭園に殘っております。
紀州頼宣は「暴れん坊將軍」で有名な徳川8代將軍吉宗の祖父にあたり、水戸頼房は「水戸黃門」で有名な水戸光圀の父親にあたります。

つづきは…(PDF)

お吉

「唐人お吉」と東府や

かつて伊豆下田に「唐人お吉」と呼ばれる女性がおりました。

幕末の時代、下田開港にあたり、お吉は江戸幕府の命を受けて駐日アメリカ合衆國弁理公使ハリスの侍女として仕えました。
役目を終えた後、お吉は「唐人お吉」とさげすまれ、罵聲と軽蔑のなか波亂萬丈の生涯を送りました。
その生涯は幕末の開國に伴う悲劇として、たびたび小説や舞臺になっています。

お吉は晩年、約2年もの間、當館に逗留して疲れ果てた心と體を癒しました。
當館はそんなお吉を手厚く迎え、再び下田に帰るまで物心両面から支えました。
お吉を下田に送る際、天城越えに使用したお駕籠は現在、當館のお吉資料館に展示されています。

つづきは…(PDF)

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 山东小伙玩老熟女视频
溆浦县| 通化市| 绥阳县| 佛山市| 神池县| 锦州市| 台中县| 南昌市| 和政县| 西丰县|